2018年7月12日木曜日

《キャサリン妃&メーガン妃 Fab Four 登場! RAF100周年記念サービス》





《キャサリン妃&メーガン妃 Fab Four 登場! RAF100周年記念サービス》

7 / 10 (火)

@ Westminster Abbey

a service to mark the centenary of the Royal Air Force

予想外の
嬉しいサプライズ!

当日、パレスが
キャサリン妃も出席されることを発表!

the Royal Air Force(RAF)”
英国空軍
設立100年を記念したサービスが
ウェストミンスター寺院で行われた。

100年前
1918年4月1日、
”the Royal Flying Corps”
(英国陸軍航空隊) 

 ”the Royal Naval Air Service”
(英国海軍航空隊)
が統合し、現在の
 ”the RAF”
 – the world’s first independent air service.
を設立。

イギリス陸軍航空隊は第一次世界大戦の時期のイギリス軍の陸上航空部隊である。1918年4月にイギリス海軍航空隊と統合され、イギリス空軍の母体となった。創設の経緯からも分かるように本来は陸海軍の統合組織であり、直訳ではイギリス軍航空隊であるが、創設後間もなく海軍部隊が離脱


前日の洗礼式には欠席されましたが
この日はもちろん出席された
エリザベス女王
チャールズ皇太子&カミラ夫人
ウィリアム王子&キャサリン妃ご夫妻
ハリー王子&メーガン妃
アン王女ご夫妻など、
ロイヤルファミリーの皆様方に
メイ首相や政治家たちも含め
計2200人以上が
ウェストミンスター寺院でのサービスに出席。

サービスの指揮をとったのは、
前日の洗礼式に続き、
カンタベリー大主教

その後、
バッキンガムパレスに戻られ
女王から
新たな軍旗の授与やスピーチも。

そして
ロイヤルファミリーお揃いで
バルコニーに登場され
RAFによる
フライパストをご覧に。

The royals will then appear on the balcony of the Queen’s London residence to view a flypast of up to 100 RAF aircraft, a parade of more than 1,000 personnel, and a feu de joie

なんと、この時
バッキンガムパレス の大きな窓に
ジョージ王子&シャーロット王女のお姿も!❤️
パレスの窓から航空機をご覧に!!

フライパストをご覧になるため
ご両親と一緒にいらしていたようですね。

”FASHION編”

嬉しいサプライズで大喜びと同時に、
めっちゃ大変、、、、

そして、
否が応でも比較してしまう
キャサリン妃&メーガン妃のファッション!

まずは
チャールズ皇太子、ウィリアム王子&ハリー王子
プリンスの皆様方は
”Service dress”と名付けられた
”No 1 RAF uniform” を着用

エリザベス 女王も
”RAF”の伝統カラーである
ブルーをお召しに。

キャサリン妃も、それを意識されたのでしょう
この日、ブルーのドレスコートでした。
しかし、最初の印象、、
「あれ?ニューだっけ、これ?!」
と、一瞬訳がわかんなくなったほど、
見覚えのあるドレスコート
《アレキサンダー・マックイーン》
の物ですね。

シャーロット王女の洗礼式の際に、白
ハリー王子&メーガン妃の結婚式で、イエロー
そして今回、ブルー
3色目です。。。

どんだけお好きなの、、、、、という気もしますが、
確かに、エレガントで
キャサリン妃にとってもお似合いの
このデザイン
好きなものを飽きないキャサリン妃。

今回の色は、
やはりTPOを考慮した
ブルー。

外交ファッションがお得意。

胸には
RAF関連のブローチも。

2015年に、
エディンバラ公から
パトロンを引き継がれた際
”the Air Cadets”
から、
女性の最高位に
与えられたもの。

お帽子は初のデザイナー
《ショーン・バレット》
が選ばれた。
ロイヤル感たっぷりのフェミニンなものがお得意のこちら。

帽子に関しては
キャサリン妃とメーガン妃は
真逆のお好みですね。

そんなメーガン妃は、、、、
この日もWow!!!!
と注目

超素敵〜〜〜❤️❤️
と、ウットリのドレスは
《ディオール》!!!

ビックリのハイブランド
というか、クチュールメゾン

お帽子も、
ディオールのコレクションも手がける
天才ミリナリー
《スティーブン・ジョーンズ》だし。

まるで
キャットウォークですか??
レベルだわ。

ジバンシーといい、ディオール、、、
完全なるモード好き
ファッション、命!
っていう方のチョイス

最初、これが
リトルブラックだと思い、
突っ込んでしまいましたが
実はネイビー!!!
となると話は変わる、、、

最高です❤️

メーガン妃も、
ブルー系を選ばれたいたということに。

50’sを思わせる
超クラシックながら、モダンなデザイン

もはや定番の
ボートネックに、7部袖
ひざ下丈と
パーフェクトですね。

ただ一つ、
一体この経費はどこから?
ということ以外は、、、

税金ではないでしょうが、
チャールズ皇太子??
このスタイルの総額、いくらなんだろ、、、

英国ブランドでもないし
国民の反応はいかに、、、

ピッタリさせた
アップのヘアスタイルも
とってもお似合いです。

”メッシーバン”から進化して、
とにかく、私は嬉しいw

英国人らしく、
ブレない、飽きない、お得感が好きなキャサリン妃と
とにかくファッション好き、自由にかっこいいものを追求するメーガン妃

こんなに違うと、面白すぎて
今後も、比較は尽きない、、、、

この日の
バルコニーでは、
メーガン妃が女王のお隣に!

しかし、最初は、
ひいて、後ろに、
離れて立っていらっしゃいましたが
徐々に中央へ。
ロイヤルの皆様の温かいお気遣いのおかげ?感が。。

パレスの窓には、
ジョージ王子&シャーロット王女のお姿も❤️


”キャサリン妃”

NEW ドレスコート《Alexander McQueen》
NEW 帽子Sean Barrett
ティアドロップのピアス《Queenからのローン》
NEW クラッチ《Alexander McQueen》
ブローチthe Royal Air Force》”Dacre brooch”(=2016年2月7日)
《Gianvito Rossi》

”メーガン妃”

NEW ブラックドレス《Dior
NEW 帽子Stephen Jones
ピアス《Cartier"Galanterie de Cartier"
クラッチ《Dior》?
《Dior》?


--------------------------------------------------

"Fab Four" 
登場〜〜!!!










Charles, William and Harry all chose to wear 
”Service dress”と名付けられた
No 1 RAF uniform












”the Royal Air Force Dacre brooch”
wearing 
the Royal Air Force Dacre brooch
 – which was presented to her by the Air Cadets when she took on patronage in 2015.
















 in keeping with the traditional blue of the RAF, 


the Queen wore a royal blue silk coat with a turquoise collar and dress in the same colour, both by 《Angela Kelly》
with a matching hat by 《Angela Kelly》 
and a diamond star brooch












More than 2,200 people packed Westminster Abbey for the service, with dignitaries including Prime Minister Theresa May, Defence Secretary Gavin Williamson and Labour leader Jeremy Corbyn attending



The Archbishop of Canterbury, Justin Welby, addressed the congregation and said the RAF has in its first 100 years been a decisive factor in serving the country, as well as being key in protecting democracy and freedom



終了後
出てこられた、女王が
よろめかれた瞬間、、、、
心配。。。

A Buckingham Palace source said 
her knees have been “playing up” but she doesn’t want to make a fuss

動画















Prior to the fly-past, the royals watched as the Queen and Prince Charles presented a new Queen's Colour to the RAF in the forecourt of Buckingham Palace

presented a new Queen's Colour to the RAF to mark its centenary


During her speech, the Queen said "I remember the Battle of Britain being fought in the skies above us, and we shall never forget the courage and sacrifice of that time."





















The centrepiece of RAF100 was a magnificent flypast.

Up to 100 jets, helicopters and aeroplanes soared above London for the rare military celebration. The royals assembled on the balcony of Buckingham Palace to view the outstanding display



パレスの窓にジョージ王子&シャーロット王女❤️





















The Royal Air Force - the world’s first independent air force - was founded on 1 April 1918, independent of the British Army and Royal Navy. For one hundred years the RAF has defended the skies of Britain, preventing conflicts, delivering aid and combating cyber threats while working in partnership with other Services, from Operation Ruman - the UK’s humanitarian assistance operation in the aftermath of hurricane Irma which hit the Caribbean in September 2017, to the RAF’s Quick Reaction Alert Typhoon Aircraft, providing a UK air defence capability 24 hours a day, 365 days a year.

Following victory over the Central Powers in 1918 the RAF emerged as, at the time, the largest air force in the world. Since its formation, the RAF has taken a significant role in British military history. In particular, it played a large part in the Second World War where it fought its most famous campaign, the Battle of Britain. The RAF describe its mission statement as "An agile, adaptable and capable Air Force that, person for person, is second to none, and that makes a decisive air power contribution in support of the UK Defence Mission" Today the RAF is engaged on some 13 missions across 26 countries and is heavily committed on operations both at home and abroad.


Prince William is the fourth successive generation of the monarchy to become an RAF pilot. He received his RAF wings from his father at RAF Cranwell in April 2008 after completing an intensive 12 week flying course. During William's time with the RAF, the Cambridges spent several years in Wales.




*************************

@ a Buckingham Palace reception 









Prince Charles holds court as he speaks to young members of the Royal Air Force 









*************************

OUTFIT

”キャサリン妃”

NEW ドレスコート《Alexander McQueen》

bespoke Dior dress today. The stylish piece features a fit-and-flare silhouette, a boat neck and long sleeves. The dress has a very 1950s feel and works perfectly for the occasion. The iconic French fashion house specialises in understated feminine elegance


NEW 帽子Sean Barrett



ティアドロップのピアス《Queenからのローン》



NEW クラッチ《Alexander McQueen》




《Gianvito Rossi》


ブローチthe Royal Air Force》”Dacre brooch”(=2016年2月7日)



(=2016/2/7)



Kate's air cadets Dacre brooch: The highest of honours


It was hard to miss Kate's spectacular brooch that could be seen below the collar of her Alexander McQueen coat that she wore during the RAF centenary today.
However, some may be surprised to see it on the Duchess as The Dacre Brooch is usually only bestowed to those who are Air Cadets themselves and is said to be the highest honour that a female cadet can achieve. 
The tradition of the brooch originated in 1979 when Mrs Elizabeth Dacre MBE TD JP presented to the Air Training Corps the dress sword of her late husband, Air Commodore G B Dacre CBE DSO DL RAF to be awarded to the 'ATC Cadet of the Year.' 
As girls began to join the cadets in 1982, Mrs Dacre presented the Corps a diamond and ruby brooch mounted on a sash, for presentation to the best female cadet.
From then on each year one male member of the cadets would be awarded with the sword and a female with the sash and brooch with the selection based on their all-round performance throughout the year.
This tradition took place until last year when it was decided that the girls should receive the Dacre sword like their male counterparts. 
Ms Conder who was the best female cadet in 2015 told the Telegraph: 'It is quite an honour (to wear the brooch). I was the last cadet to wear it, and now she is wearing it. It is the best accesory.'
Although the Duchess is not a cadet they seem to think she was deserving of the brooch. A spokesperson from Buckingham Palace says that the cadets presented the brooch to the Duchess as a gift following her appointment as Honorary Air Commandant of the organisation.

”メーガン妃”

NEW ネイビードレス《Dior》Bespoke






Diorも正式に発表



”the Spring/Summer '18 couture collection”
ここからインスパイア?


NEW ネイビーの帽子Stephen Jones
a custom SJ airy asymmetric whirl of bias crinoline, mounted on a straw base in dark navy blue 



ピアス《Cartier"Galanterie de Cartier"



クラッチ《Dior》

《Dior》




ヘア




------------------------------------------------


ウェストミンスター寺院内で
またまた
メーガン妃が足を組んでいると指摘された。

もはやクセなのでしょうね、、、



ロイヤルメンバーの皆さまは
基本的には
公の場では
足を組まれません、、、、、
が、絶対、でもない。

ダイアナ元妃もよく、
そして女王も、時に。







キャサリン妃は

さすが!
一度も公務では、ありません。

皆様も、
組まれていない。



が、
女王も、
インタビューでは
足を組まれているところ発見。

動画







http://www.dailymail.co.uk/news/article-5937227/The-Queen-joined-Harry-Meghan-royals-arrive-RAF-service.html



************************************

『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥

http://www.25ans.jp/princess/catherine

『お問い合わせ・お仕事の件』
こちらから、お願い致します☆

↓↓




















0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your comments♥