2018年9月19日水曜日

《メーガン妃 チャリティ料理本を出版支援!》《ピッパさん イタリアで水着姿が激写!》《女王もビックリ! 画像》




《メーガン妃 チャリティ料理本を出版支援!》

2017年の6月に起こった

グレンフェル
の大火災

忘れもしない、
私がロンドンに到着した翌日の朝だった、、、
TVをつけたら、
英国では見たことのない
高層ビルの大火災

メーガン妃は、
婚約発表後の今年1月、
この火災の被害者たちのコミュニティであるモスクを
訪問されていた。

それ以降も何度か。。
そしてボランティアの人たちと会っていたとか。

この火災でキッチンを失った女性たちが、
地元のモスリムのカルチャーセンターのキッチンを借りて
家族や近隣の人々のために
新鮮な食べ物を提供していたのだそう。

その噂は口コミで広がり、
女性たちのボランティアも増えるものの、
何と言っても経費のかかること。
よって
活動は、週に2回のみ。

「なぜ毎日やらないの?」
と、ダイレクトに聞いたメーガン妃に
「資金よ」

それを聞いたメーガン妃の応えは
「じゃあ、資金集めるための本を出しましょう!」
で、今に至る、、、、とか。
すごい!!!
勢いと決断力ありますねえ〜〜
感動!!!

というわけで
寄付を募るべく
チャリティ本を出版!

この企画は、
ロイヤルファウンデーションのようですね。

ウィリアム王子&ハリー王子が2011年に設立されたチャリティ基金
ご結婚後、キャサリン妃もメンバーに。
この度、メーガン妃も勿論加入。

この公営高層住宅には
多民族が住んでいたこともあり、
それぞれが、
様々な国の料理を作りあったりしているそう。

当初は、
”皆に美味しいものを”
という目的だったところから
テーブルを囲んで、
コミュニケーションの場としても重要な意味を持つように。

その名も
”Together”
と名付けられた本には
50もの
多種多様なレシピが掲載されているのだそう。

メーガン妃が写った写真に、
はしがきも書かれ
PRビデオのナレーションもされています。

本の利益は
ロイヤルファウンデーションへ移行され
この
”the Hubb Community Kitchen”
(アラビア語で”LOVE”を意味する”Hub”からとって)
への支援へと使われるそうです。

25万ポンドを目標とし、
5万冊が予定され
一冊5ポンド寄付される計算に。

メーガン妃にとって
これが初の
ご自身お一人での公務となりました。

多種多様性、女性の支援、という観点からも
メーガン妃にピッタリのお仕事ですね。

"Together is a cookbook, but it's also the story of a West London community who gathered together in a kitchen and discovered the healing power of sharing food,"

I immediately felt connected to this community kitchen; it is a place for women to laugh, grieve, cry and cook together. Melding cultural identities under a shared roof, it creates a space to feel a sense of normalcy – in its simplest form, the universal need to connect, nurture, and commune through food, through crisis or joy – something we can all relate to… Through this charitable endeavour, the proceeds will allow the kitchen to thrive and keep the global spirit of community alive.


------------------------------------------------------------


動画


on June 14 last year and claimed the lives of 72 people



 "Together: Our Community Cookbook"

9月20日〜 発売












Coconut chicken curry
タンザニア


Caramelised Plum Upside-Down Cake
アルジェリア



Aubergine Masala










What the foreword by HRH The Duchess of Sussex says

Extracted from Together: Our Community Cookbook (Ebury Press, £9.99, hbk) 
Together is more than a cookbook. This is a tale of friendship, and a story of togetherness. It is a homage to the power of cooking as a community, and the recipes that allow us to connect, share and look forward.
In January 2018, as I was settling in to my new home of London, it was important to me to get to know organisations working in the local community. I made a quiet trip to Al-Manaar, a mosque close to the Grenfell community.
In 2017, I had watched the Grenfell Tower tragedy unfold on the news; I was in Canada at the time, sharing the global sentiment of shock and sympathy for what this community was enduring, while also deeply wanting to help. Fast-forward seven months, and I was set to meet some of the women affected by the fire, at a community kitchen in Al-Manaar.
The kitchen was opened after the Grenfell tragedy, offering women who had been displaced and the community around them a space to cook food for their families.
Their roles as matriachs united them across their cultures; the kitchen provided an opportunity to cook what they knew and to taste the memory of home, albeit homes some had recently lost.
The kitchen buzzes with women of all ages; women who have lived and seen life; laughing, chatting, sharing a cup of tea and a story, while children play on the floor or are rocked to sleep in their strollers. Now I have come to know these women and this place well, here are a few things to note about the community kitchen:
  • It is cosy and brightly lit, with scents of cardamom, curry and ginger dancing through the air
  • It will take you about fifteen minutes to enter the room, as you will be joyfully greeted by kisses (cheek x 3) by each of the incredible women there
  • You will find yourself in a melting pot of cultures and personalities, who have roots in Uganda, Iraq, Morocco, India, Russia and at least ten other countries
  • You should undoubtedly arrive on an empty stomach because upon departure you will have been stuffed to the gills with samosas flecked with cinnamon, chapatis flavoured with carrots and onion, Russian Semolina cake, Persian teas and my very favourite avocado dip that I now make at home
  • You will feel joyful in their company, and you will leave counting the days until you go back
On my first visit, I asked Munira, the resident chef de cuisine (so to speak), how I could help. An apron was quickly wrapped around me, I pushed up my sleeves, and I found myself washing the rice for lunch. Munira's sister-in-law, who had flown in from Egypt after Grenfell to help the family, helped me divide the correct amount of butter and fresh thyme to pour into the pot of rice bubbling away on the stovetop. All the aromas percolating in a kitchen filled with countless languages aflutter, remains one of my most treasured memories from my first visit to the kitchen.
I have a lifelong interest in the story of food – where it comes from, why we embrace it and how it brings us together: the universal connection to community through the breaking of bread. Within this kitchen's walls, there exists not only the communal bond of togetherness through sharing food, but also a cultural diversity that creates what I would describe as a passport on a plate: the power of a meal to take you to places you've never been, or transport you right back to where you came from. 
One of my own favourite meals is collard greens, black-eyed peas and cornbread – a meal I would look forward to throughout my childhood: the smell of yellow onions simmering amongst a slow-cooked pot of greens from my grandma's back garden; the earthy texture of peas; and a golden loaf of cornbread puff-puffing away to a browned peak in the warmth of the oven.
This was always eaten on New Year's Day, a tradition steeped in ancestral history where each component has a meaning: the black-eyed peas for prosperity, the greens for wealth, the cornbread for health and nourishment. It wasn't a new year's resolution; it was a wish. It wasn't simply a meal; it was a story.
I've spent many years away from my birthplace of Los Angeles and have found that travelling far from home highlights the power of personally meaningful recipes.
During my time at university in Chicago I would wait with bated breath to return to LA for the winter break and have a bowl of my mother's gumbo. And while living in Toronto (seven years of being adopted by that beautiful place for work), I embraced poutine and several other Canadian culinary favourites, but the Southern California girl in me always craved fish tacos, and the memory of eating hometown fare infused with a strong Mexican influence.
We've all had that experience where you have a bite of food, close your eyes, and taste, remember and even feel the first time you enjoyed it. There is good reason that chicken soup is often credited with healing not just a cold, but the soul. There is something quintessentially restorative about a taste of something meaningful. 
I immediately felt connected to this community kitchen; it is a place for women to laugh, grieve, cry and cook together.
Melding cultural identities under a shared roof, it creates a space to feel a sense of normalcy – in its simplest form, the universal need to connect, nurture and commune through food, through crisis or joy – something we can all relate to.
During my visit I met Zahira, a working mum who oversees much of the coordination at Al-Manaar and whose infectious smile is enough to make you forget any troubles. Upon learning the kitchen was only open on Tuesdays and Thursdays I asked, 'Why isn't this open seven days a week?'
Her response: 'Funding.'
And now just a few months later, here we are… Together.
Through this charitable endeavour, the proceeds will allow the kitchen to thrive and keep the global spirit of community alive. With the support of dynamic women from all walks of life, we have come together with a united vision to empower other women to share their stories through food.  
This cookbook is a celebration of life, community and the impact of coming together.
Our hope is that within these pages you will find new recipes and family favourites that you can enjoy in your own homes, because these recipes aren't simply meals; they are stories of family, love, of survival and of connection. From a Thanksgiving supper to a Shabbat dinner or a Sunday roast, the meals that bring us together are the meals that allow us to grow, to listen, to engage and to be present. We invite you to do the same, together, in your home, communities and beyond.
Great thanks to everyone who made this book possible. And thanks to you, the reader, for supporting the good work of the Hubb Community Kitchen.
Now it's time…
to gather, Together.
HRH THE DUCHESS OF SUSSEX



https://www.royalfoundation.com/project/together-cookbook/

https://www.dailymail.co.uk/news/article-6175569/Meghan-cooks-Grenfell.html


------------------------------------------------------------

《ピッパさん イタリアで水着姿が激写!》

8 / 30 (水)

気づけば、
こちらも臨月近い、ピッパさん。

”ベイビームーン”
でイタリアはトスカーナでバカンスだった模様。
もちろん夫婦揃って。

パパラッチされてしまった形ですが、
臨月の水着姿ながら、
なんだか全くまだのなさげな体系、、、に見えますが。。

すごい、とにかく。
そして、美しい〜。


































(https://www.popsugar.com/celebrity/Pippa-Middleton-Pregnant-Bikini-Italy-Pictures-2018-45214054?stream_view=1#photo-45214056)


そして
これだけでは終わらない、、、
さすがピッパさん。

以前、Waitroseのこれ夢を描いているピッパさん
妊娠中もやはり
鍛えることが大好き、
エクササイズを欠かしません。

バーエクササイズ!!!!

ちょっときになる、これ、、、

 MiddletonMaven shared these shots from a recent column in which the Pipster discussed her addiction to barre classes to stay fit






----------------------------------------------------

《女王もビックリ! 画像》

珍しい画像発見

エリザベス女王が、本気でびっくりされてるシーン
リアクションが可愛い〜〜〜❤️
だから愛されるのですよね〜〜

all smiles as she cuts a cake at WI event 
@ the Royal Albert Hall (with a little help from giggling Sophie and Anne)

動画




----------------------------------------------------------

《ROYAL気分でアフタヌーンティー》

帝国ホテル 
『英国フェア A Taste of Britain』

@ インペリアルラウンジ アクア 
(本館17階)

1017日(水)
 13001530
要予約、20名様限定

かの帝国ホテルで
毎年大人気の”英国フェア”

英国大使館のエグゼクティブシェフ
フレデリック・ウォルター氏監修!!
という
超スペシャルなアフタヌーンティー

今年は、5月のロイヤルウェディングを祝し
その時のウェディングケーキが登場❤️

そんなスペシャルアフタヌーンティーを
お楽しみ頂きながら
最新ロイヤル話に

ここに書ききれていない話

先日のロンドン話、ロイヤルアスコット、ファッション、
アフタヌーンティーのエチケットなど
お話したいことは満載

そして、目玉が。。
英国在住のミリナリー
ミサ・ハラダのお帽子が当日、いっぱい勢揃い!!
被り方も教授できるかと。。


被って写メって、
楽しい時間を一緒に過ごしましょう〜
私も楽しみ❤️

現地で購入した、お土産もあります〜!

20名様のみの限定ですので
お早めに。

************************************

帝国ホテル 
『英国フェア A Taste of Britain』

@ インペリアルラウンジ アクア 

1017日(水) 13001530
要予約、20名様限定

 10,000円 
アフタヌーンティー
私セレクトの現地お土産付
(個室料、サービス料、消費税込)

”お問い合わせ・予約”
インペリアルラウンジ アクア TEL.03-3539-8186(直通)
*一部、帝国ホテルオフィシャルサイトhttp://www.imperialhotel.co.jpからも予約が可能

https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/imperial_aqua/plan/a_taste_of_britain.html



************************************

『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥

http://www.25ans.jp/princess/catherine


『お問い合わせ・お仕事の件』
こちらから、お願い致します☆

↓↓



















2018年9月16日日曜日

《メーガン妃 自宅近くで愛犬と目撃!?》《ウィリアム王子 Japanese Cultural Centre オープニング》《キャサリン妃&メーガン妃 車の旅のお供は?》《THEMES @ ドーバー・ストリート・マーケット》




《メーガン妃 自宅近くで愛犬と目撃!?》

9 / 12 (水)

議論が、、、、、

いえ、
通常よく見かける
メーガン妃関連の
ネガティブなやつではなく
これはちょっと楽しいやつw

えっつ、メーガン妃が街中で目撃された!?!?!
しかもケンジントンパレス近くで!!!!

CBSの記者《Lisa Petrillo

Twitterで投稿したことから始まった、、、

メーガン妃が愛犬と散歩!
を目撃!!!

愛犬の
お片づけ

さて、これが本物のメーガン妃なのか
はたまた
ただの、似てる人??
なのか、、、
パレスは否定、の模様。

愛犬が違う、との声も。

真実はいかに、、、
めっちゃ似てるけどね、違う気がする。



CBS reporter Lisa Petrillo sparked an online frenzy when she posted this image which she claimed shows Meghan Markle preparing to pick up after her dog





-----------------------------------------------

《ウィリアム王子 Japanese Cultural Centre オープニング》

9 / 13 (木)

『Opening of 
the Japan House』

Japanese House
 in London

この日
"ジャパニーズ ハウス センター"
の公式オープニングに出席されたウィリアム王子

日本の文化を発信するセンターがロンドンに完成!

英国&日本間の
文化・社会的交流

経済的なつながりを高めるべく
ウィリアム王子が出席して頂いたようですね〜

嬉しいですねえ〜〜❤️
日本絡みの公務をウィリアム王子がなさるとは、、、
キャサリン妃もご一緒なら尚更、
でしたが
どうも、キャサリン妃と日本、、、
お休みが重なりますなあ〜

来日の際も
キャサリン妃はつわり中でウィリアム王子お一人、
でしたしねえ。

まだ、なかなか
会わせて頂けませんねえ、日本人に。
でも、ま、絶対近々、、、、
いえ、
〇〇には!
ふふふ

なんとこちら
場所も
ケンジントンパレスからすごーく近い!!!

ハイストリートケンジントンです。

オープンして
3ヶ月が経つようですが、
すでに多くの人達が来館している模様。

この日は、
正式オープンということで
ウィリアム王子が出席されたわけですね。
近いし、、って?w

ホストする日本側からは
麻生副総理が!!!
びっくり。

そして、もちろん
駐英日本大使《鶴岡公二》氏
も同席されて
麻生さんやウィリアム王子の間でご活躍。

日本のカルチャー
伝統的技術を使った銅器

金属のクラフツマンシップ
燕三条の、玉川堂の銅器や、
デザインデュオ
”スプレッド”の
クリエイターともお会いに。
ここでは、
お二人の出会いのきっかけをお聞きになった
ウィリアム王子が、
「僕たちと同じですね!」
と、親近感を持たれお応えになったそう。

来年日本で開催される
ラグビーW杯のボールをご覧になったりも。

なんと懐かしい
”お豆さん掴み”も挑戦されたウィリアム王子

その際、一緒にいた
子供達に対して何気に聞かれた質問が
うっかり間違えて
当然
 ”日本”というべきところを
うっかり
”中国”って言っちゃったーー!!!

「これまで、いっぱい中華料理食べたことある?えっと、君たち、これまで日本食いっぱい食べたことある?そんなにない?お寿司は好き?とても美味しいよね。」

これが、祖父エディンバラ公のようだ、
と書いてる英記事も(笑)

国が国なら相当やばい、
はずの間違いですが。

もちろん英国記事ではこぞって
”副総理が見ている中
王子が失言!
でも日本は気づいてない。”
と書いていたように、
我が国の政治家の方には、
その間違いすらお気付きでないようで、、、
しかもメディアもどこでも取り上げてない。
私だけか、、、、

ま、王子の間違いを取り上げるなんてしませんね、日本では。

完全にイギリス的発想でいきますと、
これは突っ込むべきところでございます。
面白い、し、人間ぽい。

王子も、後ほど、
「やばかった、、、」
と、絶対思われたはず。

ま、相手が日本ですから
絶対怒りませんから。

日本酒を
なんと11時に
クイッといかれたり
(その後、大丈夫だったんでしょうかねw)

このセンター内にある
日本食レストラン
”AKIRA”
の視察も。


シェフの《明》氏から
ツナとウニのトリュフクリーム添え、
椎茸の天ぷらなどが入った
弁当ボックスを見せられ、
説明をお聞きになりながら告白!!

「僕も妻もお寿司が大好きなんです。」

わ〜〜い、
キャサリン妃もお好きらしい。

やはりね、今ロンドンは
健康食ブーム
そうなると、必然的に
日本食も人気となるのです〜

年々増えてるもん
テクアウェイのお寿司ショップ

最後はスピーチもされたウィリアム王子。
日本語の挨拶から
スタート!!

嬉しいですねえ〜


------------------------------------------------------

動画

 


動画②







----------------------------------------------------

Japanese House
 in London

https://www.japanhouse.jp




under the eyes of the Japanese prime minister, 
Kensington's St Matthew's Primary School: 
"Have you guys had much Chinese food?" 
He quickly corrected himself, adding: 
"Um, Japanese food. Have you had much Japanese food? No? Not too much. Do you like sushi? It's delicious, it really is yummy."



Then, sitting down with a group of local elementary school children who were learning to use chopsticks and try origami, one of the children told William
“Are you tired?” 
asked the boy

William replied: 
“Yes, I am quite tired too. Has it been a long day for you too? Have you been enjoying your chopsticks?”
“No,” 
answered the boy.

“They are quite tricky I know,”
William said with a grin.

He told another little girl that she was very good at using her chopsticks.
“Thank you Your Royal Highness,” she said.
William was clearly pleased.
“You’ve been briefed very well. The beans are quite tricky, they’re quite slippery.”





he shared a joke with schoolchildren learning the ancient Japanese art of copper beating


無形文化財:
1枚の銅板を鎚で叩き起こして銅器を製作する
「鎚起銅器」
の伝統技術を
新潟は、燕三条にて
200年弱に渡って継承してきた
国内唯一の
玉川堂

こちらで行われている展示とワークショップをご覧に。
素敵だな〜〜〜
欲しくなりました❤️

TAMAGAWA Motoyuki, Head of Gyokusendo copperware workshop, one of the craftspeople with work on display in the 'Biology of Metal: Metal Craftsmanship in Tsubame-Sanjo' exhibition


sees a demonstration of the ‘Magic Metal’ exhibit, an example of innovative Japanese design and precision engineering, part of the 'Biology of Metal: Metal Craftsmanship in Tsubame-Sanjo' exhibition



このセンター内にある
日本食レストラン ”AKIRA”
シェフ《明》氏も同席

ウィリアム王子に
ベントーボックスを。

ツナとウニのトリュフクリーム添え、椎茸の天ぷらなども


a Bento Box containing everything from tuna and sea urchin in a truffle cream sauce to shitake mushroom tempura.

"Very impressive," 
The prince helped himself to a salmon sashimi. 
“Thank you very much. My wife and I love sushi. We might have to come down here for lunch when no one else is in,” he said. “You must get a lot of Japanese visitors here. So do lots of people come in and ask for a burger? That’s what usually happens, doesn’t it?”


《Michael Houlihan》
Director General of Japan House London presents His Royal Highness The Duke of Cambridge a copper kettle to mark the Grand Opening of Japan House London. 


そして
日本酒で乾杯!!
この時、まだ
11時、、、、、

日本語の挨拶と
「カンパイ〜」
と日本語で
仕切りもウィリアム王子!!

スピーチも☆
日本語でスタート!

"Minna sama konichi-wa." 
He concluded his speech by saying: 
"This amazing building, Japan House London, is intended to be the bridge across which the best in ideas and creativity between the U.K. and Japan will flow. Here, we can build new and lasting relationships in culture, education and business and forge a better understanding of your wonderful country."




小林弘和&山田春奈
さんの
デザインデュオによる
”スプレッド”

when he met the exhibition designers — 
Haruna Yamada and Hirokazu Kobayashi, 
the exhibition designers. 
They told him they had met in college. 
“Like myself and my wife!” 
he exclaimed of Kate, who he started dating while they were at St. Andrew’s University. 
“My wife is the artistic one of the couple, not me, unfortunately.”



********************************

余談で、こんなん見つけた、、、

ある意味、もっとすごいかもしれない、、、
何でこのタイミングで
発見したんだろか?!
(笑)

大坂なおみ選手の子供の頃w
”お豆さん掴み”
やってます。




https://www.hellomagazine.com/cuisine/2018091362289/kate-middleton-favourite-healthy-food/?utm_campaign=hellouk&utm_medium=social_media&utm_source=facebook


-------------------------------------------------------

《キャサリン妃&メーガン妃 車の旅のお供は?》


通常
ロイヤルの皆様は
訪問先にお車で到着されますが、
降りられる際に
時折チラリと見えるのが座席

お席の周りに何かが見えると反応、、、、
する世界のファン

最新のところで
先日、私が怒っちゃった
メーガン妃のオールブラックSTYLEの日も
中が見えた〜!

この日
メーガン妃の座席の前
(正確にはメーガン人ハリー王子の間)
には、
水のペットボトルが2本

”Hildon ナチュラル ミネラル ウォーター”
のスティル&スパークリング

こちら
長年ロイヤルファミリーに提供した結果
今年の初めに
ロイヤルワラントを獲得したそう。

The water reportedly comes from 50 years of natural filtration through the chalk hills of the Test Valley in Hampshire

キャサリン妃の車の中にも
ありました〜

タッパーが置いてある!
に入った

そして
お菓子といえば、

2014年にNYを訪問され
NBAを観戦の際
ウィリアム王子に勧められ
ポップコーンをパクり
というシーンもありましたねえ〜。

日頃から
エクササイズやヨガ、
食事に気をつけていらっしゃっても
ちょっこっと何かをつままれたり
スナックを食べられることも。

こういうところまで
報道されたり
書いてる私もねえ、、、

すみません、って感じだけど。

でも知りたい、、、、ですよね〜

Meghan 2018年9月4日 


”Hildon natural mineral water” 
のスティル&スパークリング

この授与に関し
ブランドのエグゼクティブディレクターがコメント
Debbie Jones said: 
"The Warrant is a highly-prized seal of approval that is granted after an extremely rigorous audit process. This means a great deal to the whole team. Crucially, it is further proof that we have a robust environmental and sustainability policy, which is not only part of the criteria to hold the warrant, but also an important part of our core philosophy."


2017年12月
最初の公務時
Nottingham
手を繋いだお二人の下には
タッパーが!
ミントのようです。


Catherine 2018年3月21日 
タッパーが!!
中身は何〜?


余談
2014年クラドックス MBA
NBA観戦といえば、ポップコーン!
パクパク食べてたウィリアム王子が
妻にも要る?、、、
って、ちょい遅いけどw

こちらはレディファーストではありませんねえ〜
長男で、のちの国王を
旦那にもつとw




----------------------------------------------------------

《THEMES @ ドーバー・ストリート・マーケット》

イギリス人で21歳の
《ブロンディ・マッコイ》
が手がける
”テムズ”

スケボー少年が作るクリエーション

いつ行っても
日本で、私が最も楽しくて
インスパイアされるお店
《ドーバー ストリート マーケット》

実は
イギリスのアーティストのものも
いっぱいお取り扱いがありますが
こんなものが入荷した!!
❤️❤️

サイズ感は
今のトレンド、そしてストリートが入っているので
デッカいです。

それが
また可愛い。

ちなみに、
エリザベス女王のビーチタオルなんてものも
ブランドで作ってるようですが、
完売してた〜

やはり女王が先かw
私も欲しかったもん。

ダイアナ妃は悩み中、、、、

こちらで買えます〜
まだ残ってれば、ですが。
THEMES 





------------------------------------------------------------

残席残り少なくなって参りました〜!


《ROYAL気分でアフタヌーンティー》

帝国ホテル 
『英国フェア A Taste of Britain』

@ インペリアルラウンジ アクア 
(本館17階)

1017日(水)
 13001530
要予約、20名様限定

かの帝国ホテルで
2016年から開催され
毎年大人気となっている
”英国フェア”

英国大使館の監修
という、いわばお墨付き!!
超スペシャルなアフタヌーンティー

英国大使館のエグゼクティブシェフ
フレデリック・ウォルター氏監修!!

今年は、5月のロイヤルウェディングを祝し
その時のウェディングケーキが登場するそう❤️
そうエルダーフラワーケーキ。

そんなスペシャルアフタヌーンティーを
お楽しみ頂きながら
ロイヤル話はもちろん
先日のロンドンのお話、ロイヤルアスコット、ファッション、
アフタヌーンティーのエチケットなど
色々お話したいことは満載
さて、どこまで話せるかな〜

そして、
まだあります、目玉が。。
エリザベス 女王のお帽子を作ったこともある
英国在住のミリナリー
ミサ・ハラダのお帽子が
当日、いっぱい勢揃いします!!

被って写メって、
楽しい時間を過ごしましょう〜
私も楽しみです❤️

被り方も教授できるかと。。

先日の滞在中の
現地写真などもお見せできると思います〜
現地で購入した、お土産もあります〜!

ロンドン〜アスコットに行った気分
そしてロイヤルにお会いした気分で、
一緒に楽しんで頂ければ嬉しいです。

20名様のみの限定ですので
お早めに。

************************************

帝国ホテル 
『英国フェア A Taste of Britain』

@ インペリアルラウンジ アクア 

1017日(水) 13001530
要予約、20名様限定

 10,000円 
アフタヌーンティー
私セレクトの現地お土産付
(個室料、サービス料、消費税込)

”お問い合わせ・予約”
インペリアルラウンジ アクア TEL.03-3539-8186(直通)
*一部、帝国ホテルオフィシャルサイトhttp://www.imperialhotel.co.jpからも予約が可能

https://www.imperialhotel.co.jp/j/tokyo/restaurant/imperial_aqua/plan/a_taste_of_britain.html



************************************

『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥

http://www.25ans.jp/princess/catherine


『お問い合わせ・お仕事の件』
こちらから、お願い致します☆

↓↓