2015年8月25日火曜日

《キャサリン妃ドタキャン! ウィリアム王子だけ結婚式に出席》  《キャサリン妃ダンナを牛耳って、お付き合いも制限?!》 《キャサリン妃 ✈ ムスティク島でバケーション計画?》 《王族のドレスカバー!!!》  《ハリー王子の子供時代画像》  《Queen & チャールズ皇太子 & アン王女 3ショット画像公開!》 《Harperちゃん ☆ 腹だしStyle》 《THE RAKE international edition》 《RSVP でお仕事!!!》




またまたご無沙汰してしまった・・・・・
(^_^;)

そんなに忙しくないから、軽~く受けたら
調べたりなんやかんやで
結局忙しくなるとゆー
いつものパターン(笑)

明日の
『ビビット!』
にちびっと出るかもです。
数十秒かな

偶然見ちゃったってのが一番好きです(笑)
わざわざ見なくていいです~
(じゃ、言うなっていう・・・・)
 

《キャサリン妃ドタキャン! ウィリアム王子だけ結婚式に出席》

 8 / 15 (土)

『the wedding of Bear Maclean & Daisy Dickson』

@ All Saints Church in Thurlestone, South Devon

実は、
先週末いきなり飛び出した
ウィリアム王子&キャサリン妃が揃って結婚式に出席!!
という話

そして、よくよく思い起こしてみると
二人の結婚式出席は、
かなりお久しぶりだった。

まあ、人目を避けたかったのでしょう、
出るべき上流階級のお式だし、
前情報が漏れることもなかったので出席決められたのでしょう
・・・・・とか、勝手に予測して
当然画像が無いのも納得していたら。。。

なんと、
キャサリン妃はドタキャン!!!!
らしい。

ウィリアム王子は出席
そして、妹ピッパさんも。

ハイソサエティ

キャサリン妃が
ドタキャン= ギリまで出席予定だった
ということを示すサインは
席がまだ存在していたらしい。。。

 the wedding of
 estate agent 《Bear Maclean》 to 《Daisy Dickson》

関係者が”Daily Mail”に語ったところよると
アンティーク風のミラーに
ご夫妻の名前が書かれており、
本来ならば
揃って、
トップテーブルに着席しているはずだった。

代わりに??
ウィリアム王子は、
ピッパさんと一緒にということっぽい。。。。

これが、ミステリーさながら話題になっている。

他の出席者すら
誰にもその理由が分からず
なんでだ、なんでだ??と
翌朝の朝食の際にも、
皆の話のネタだったらしい。
 
といっても、当然真の近親者が真実を語るわけないがw

 皆さんは、
翌日も、その夜もお泊り
大天幕でのランチなど、
お楽しみだったよう。
河口でのスウィミングなども皆の為に用意されていたとか。

もちろん、ウィリアム王子&ピッパさんはお帰り??
かなー、そうに決まってる!
と思いきや、
なんとお二人、ちゃんと泊まったのお~~~?!?!
しかも翌日、ランチも一緒だったとか。
もはやお目付け役っすか???

新郎《Bear》さんは、
ウィリアム王子とは古くからの友人で
王子がイートン時代、この方はHarrowボーディングスクールに通っていた。
ロイヤルウェディングにも出席した仲らしい。

  現在は
イーストロンドンにお住まいで、
”qualified chartered surveyor”として
UK内や地元のプロパティを扱っているそうな。


ワタシの最初の印象
「子供が熱出たとか、色々あるよねえ~」
なんだけど、、、違うかなあ。。

公務ならともかく
結婚式なら、
子供の病気の方を優先しそうだもの、キャサリンさん。
勝手に病気って決めつけてるけど。。

じゃなきゃ、マズイ
出ないと、いい加減。。。
 理由はお次のネタで↓↓

でもまあ、
言ってもウィリアム王子は、
未来の国王
パーティーのお誘いが無くなるなんてことは、皆無に違いない。

でも、
父親として、子供との時間はその時だけ。。。

なーんてことも、
キャサリン妃がダンナに言ってたらアッパレ!!!!
(笑)

The wedding, between estate agent Bear Maclean and socialite Daisy Dickson (pictured), took place at All Saints Church in Thurlestone, South Devon


ちなみに、
『ピッパさんSTYLE』
(笑)

  ドレス  《Tabitha Webb》 
"Isabella dress"




---------------------------------------

《キャサリン妃ダンナを牛耳って、お付き合いも制限?!》

最近言われ始めた キャサリン妃バッシング


”旦那がつきあい悪くなったのは嫁が悪い”
的な・・・・・簡単に言うとね(笑)

日本と一緒だね~、言われ方が
こういう話になると。
それにビックリ。

キャサリン妃が、
ウィリアム王子も含めて
友達付き合いよりも、家庭重視にさせているというもの。

 ここ数か月、
ウィリアム王子の全てのソーシャルライフが
却下されていた、、、とか?

妻の希望により
王子の全ての空き時間は
家族と共に、、、、

要は、キャサリンさんが尻にひいて
家庭優先?もしくはキャサリン妃の意見優先?
ダンナさまの、
友人とのお付き合いなど、外での交流をストップさせている、、、、
とか。

婚約までの2年間
多くの結婚式に出席 していたお二人、
結婚後も出席されていたものの
段々は数は減ってきた・・・・・

ある友人の1人は
王子のことを
"Party Poor" (パーティーで場をしらけさせる人)
とさえ呼んでるとか。
かたや、キャサリン妃は
社交の場から姿を消したと言っても過言ではない
ほど、欠席続き。
 
His ‘naughtiest’ friends – Tom Inskip, who went on the infamous Las Vegas trip with Prince Harry, and his nightclub owning pal Guy Pelly – have both privately admitted that it is ‘ages’ since they saw William ‘properly’ .
One close friend of the family said last week: ‘Kate has basically told him that because of his hours with his new job, any other time has to be spent with her and the kids.
‘His friends understand, of course, but they are really missing him. And they suspect he is missing them too.
‘William used to be allowed to go to things on his own and he’d always excuse Kate’s absence, but she’s asked him to avoid going to any social functions for the time being – with or without her.'

そんなウィリアム王子、
公務の際、
ジョークで
「妻に聞いてみないと・・・」
なんていうコメントもありました、確かに(笑)
ま、これはイギリス的へりくだった紳士ジョークかとも思われるが
マジもちょいと?・・・・とも感じなくもw

The Prince said recently he has to run decisions 
‘by the missus’ and now it seems that joke is more telling than many may have realised


そして、以前、
ハリー王子は
兄のことを、こんな風にからかっていたりも。
 ‘boring’ and ‘prematurely middle-aged’.
 
結婚前は、
まさにワイルド!タイプではなかったとはいえ、
時折、 ハンターたちの人気獲物と化していたこともあるキャサリンさん。
特に、2007年の別離期間中
チェルシーのクラブや、
ホットパンツを履いてローラーコースターに乗るなど
セクシーなアピールも。

だが、結婚して子供、、、
というか、家庭を持つと??
仕切っちゃうタイプでしたか、キャサリン妃(笑)
釣った魚にエサをやらないのは妻?
、、、なーんてね。
それも、イギリスらしくて面白いけど。

 ま、セクシーに攻める方法は、
別に作戦立ててるし・・・・ねえ。
ポールダンシングw

”ここ最近届いた、らしい
ハイソサエティ・ウェディングのインビテーション”


 Lord Palmer’s daughter Edwina to Andrew Charlton, 
James Meade to Lady Laura Marsham, 
Guy Pelly to Lizzie Wilson 
Victoria Inskip to Robert Davies-Jones 

これら全ては、
キャサリンさんによってお断りという結論に至ったとか。。。
ホントか・・・・・

ウィンターシーズンに向けても、
多くのインビテーションが届き始めているそうですが、
 いくつかは、もう既に断ったとか。

そして、その理由を
友人達は
妻キャサリン妃が、
「ダンナを自分の目の届かないところへ行かせないようにしている」
との見方
「キャサリン妃自身の評判に良くない」
 とさえ、、、、

そうなのよ、そこ!
って、ワタシ誰って話ですが(笑)

こんなこと言われてる時点で
もう妻としての格下げてますってば。

このネタの記事の中で、
さすが英国!!!と実感したコメントが・・・・・
先日の、ジョージ王子へのパパラッチクレーム
の件に引っ掛けて、
 「子供達は、パレスの壁の中だけで、引きこもって生活すべきではないと思う
とおっしゃっていたが、
こと、ウィリアム王子に関しては、
例外らしい」
 だって~~~!!!
巧すぎ(笑)
 
Though the scenario is one that many new parents will be all too familiar with, the young Royals made it clear on Friday that they believe their children should not live a secluded existence behind palace walls.
But for William, it seems the rules are different...



"ウィリアム王子お独りでのwedding出席"

ハリー王子と。
@ the 2014 wedding of Victoria Inskip, sister of Harry's best friend

All by himself: Harry and William were together at the 2014 wedding of Victoria Inskip, sister of Harry's best friend

2014年
@ Guy Pelly's wedding to American heiress Lizzy Wilson

 William at Guy Pelly's wedding to American heiress Lizzy Wilson last year

2013年
At Eton friend 《James Meade》's wedding to Lady Laura Marsham

Solo: At Eton friend James Meade's wedding to Lady Laura Marsham in Norfolk in 2013

2013年With Chelsy Davy 
@ 《Tom van Straubenzee》's wedding to Melissa Perc

Friends: With Chelsy Davy at Tom van Straubenzee's wedding to Melissa Percy in 2013
  
2012年お葬式
 nanny 《Olga Powell》
ナニーのお葬式に一人で

In 2012 William was alone as he paid his respects to nanny Olga Powell

ジョージ王子のゴッドマザーである、
この方の娘の洗礼式でさえ
欠席でしたもんねえ~
the christening of Zara Phillips’s baby, Mia
 
Kate missed the baptism of Zara and Mike Tindall's baby Mia in December



******************************

『キャサリン妃の結婚式History』

2014年
・・・・・、もしやこれだけ??
Tom Eaves and Libby Keir in London



2013年
polo player Mark Tomlinson to Olympic dressage gold medallist Laura Bechtolsheimer 
@ the Swiss resort Arosa


The couple attended a friend's wedding together  in Switzerland in 2013. They are rarely both seen at social events

2013年05月11日
van Cutsem to Rosie Ruck Keene





2013年3月 



2012年10月

 

2012年7月



2012年6月



2012年4月30日
@ at Hannah Gillingham and Robert Carter's wedding



2011年7月
@ Zara wedding


2011年6月




-------------------------------------------

《キャサリン妃 ✈ ムスティク島でバケーション計画?》


全く登場のないキャサリンさん
なんと、公務より先に
出てきた情報が
バカンスって・・・・・・どうなの?

11月に
ムスティクへ行く予定だとか。。。

はい、キャロルさんのオーガナイズです。
ピッパさん、キャサリンさん&子供達

ウィリアム王子&キャサリン妃夫妻で、
 ジョージ王子、シャーロット王女を連れて
ミドルトン家のメンバーと一緒に。
らしい。

とはいえ、
不思議なことに、
パパ:マイケルさん&ジェームズさんは行かない??かも
らしい。

ミドルトン家の
女性3人仕切りのホリデー!!といった感じのよう。
そこに、マスオさん状態ウィリアム王子???
ダメよ~~、それ!(笑)
未来の国王尻にひいちゃダメよ~~
そもそも想像だけどw

シャーロット王女にとっては初のバケーションで
初海外となりますね。
 その時、6か月
もうゴージャスな旅です。
さすが。

そっか、、、
ジョージ王子が同じ年の頃
夫妻は1週間、モルディブへ行かれたんだった。
でもその時は、ジョージ王子 を置いて。
なぜなら、ナニーのマリアさんが雇用されたばかりで
しかもNZ&AUツアー前だったので、
両親おらずして、
ナニー&ベイビー関係を慣れさせるため、、、
だと認識している。

今回も、実は2人でのバケーション希望??
しかし、さすがに子供2人を置いていくことはできず
キャロルさんは必須・・・・というわけですか?
ついでに、妹も(笑)
ま、このヒト一番自由だもんね~
いつでもどこでもお好きなように状態。
全く羨ましい。。。。

バケーションの行先 は、ご存知
英上流階級御用達
ムスティク島
滞在先は、また
"Aurora Villa"
$18.000(216万円) / 週
だと見られている。

ウィリアム王子&キャサリン妃は、
とっても楽しみに・・・
ってそりゃそうでしょ。(笑)

しかし、やっぱり気になる
完全に、キャサリン妃の判断で、
友人入れての旅など、
許されなくなったのかしら。。。

ウィリアム王子のマスオ化進む・・・・・

Mastique Island といえば、
通常は1月末でしたね。
キャロルさんのお誕生日祝いを兼ねて。

パラダイス

2016年春
Royal ツアーを予定しているという話も。
その分早めの休みをここで?
いや~、違うだろーー。

とにかく、
早々に公務予定を~~~
(^_-)-☆
クレームでる前にね。


******************************

Mustique

いつもの”Aurora”画像は
以前に何度も☆




『結婚後~これまでの
 キャサリン妃のムスティクHistory』

2012年



2013年
キャサリン妃妊娠中 の水着姿が激写
パパラッチと問題に・・・・




2014年

キャサリン妃&ミドルトン家
ジョージ王子、6か月で初✈
NZ&AUツアー寸前



その頃、ウィリアム王子は・・・・・
元カノ含む友人達と別の場所でバカンス

 スペインに、友人達と狩り旅行。
ハリー王子が一緒なのは、納得できるとしても、
なぜか元カノ《Jecca Craig》の姿も。


 
2015年



マスオさん・・・・・的なw
 


帰国✈ 

妊娠約7か月でもママは逞しい!
18か月のジョージ君、重いでしょうねえ~

http://4.bp.blogspot.com/-xioQdqs5HMw/VNoxIYv68YI/AAAAAAAAsww/MGAoNhKERNc/s1600/Catherine%2B%2715%E5%B9%B42%E6%9C%886%E6%97%A5ish%2B%2B-1.jpg


マーガレット王女も
ここマスティクがお気に入りだった☆

Another royal to love the island was Princess Margaret who owned a home there

It became famous in the 1960s when its owner, Lord Glenconner, gave Princess Margaret a ten-acre plot of land as a wedding present. Paparazzi are banned – making Mustique a magnet for celebrities including Mick Jagger and David Bowie.



 
---------------------------------------
 
《王族のドレスカバー!!!》


画像検索してて発見!!!

以前のツアー中
空港で荷物を移動してる中に
こんなものが写されていた・・・・
撮った人エライ!!!(笑)

 ウィリアム王子用です・・・・・
きゃあ~~~~♡♡ 
なんてステキなの♡

クイーンのものを示すカバーから何から何までが
威厳とセンスある
オシャレなマークがついてるのは見たことあったけど
これも感動もの!!!!

真似して作りたい♡♡♡



これ、キャサリン妃用かしら??
いや、スタッフとか・・・・だよねえ。
”C” になってるはず。
じゃなかったら、
公爵夫人となっても
一般出身が重要ってことに・・・・




----------------------------------------

 《ハリー王子の子供時代画像》
  
1987 / 9 / 16

Prince Harry waves to photographers while clutching onto his Thomas The Tank Engine bag on his first day 
@ Mrs. Mynor’s nursery school 
 in Notting Hill, London.


機関車トーマスのバッグ抱えてる~~♡




--------------------------------------

《Queen & チャールズ皇太子 & アン王女 3ショット画像公開!》

パレスがTwitterで公開したこの画像♡

お2人の子供達メッチャ笑ってます(^_^)

なんか、おバカなことでも話していらっしゃるんでしょうか。。

皆さまのお顔がいいですね~♡


クイーン 28
チャールズ皇太子 7才
アン王女 4才


皇太子のパンツも赤だ・・・・・(笑)
代々伝統は赤


そして、アン王女
既にハンドバッグを手に!!!
母譲り・・・・・(^_-)-☆


-------------------------------------

《Harperちゃん ☆ 腹だしStyle》

8 / 19 (水)

@ LA

またまたパパと一緒。

アイス食べてます。
この日も、とってもカジュアルなスタイル

しかもビックリ、
メッチャお腹出てるって~~
冷えちゃうよ~~(笑)

そして、
ある別の日
ママと一緒に、
なんと初のネールをしたらしいハーパーちゃん!!!
しかも、赤ですか・・・・・
さすがだ。。

Bonding: David Beckham was seen spending some quality time with Harper, four, as they stopped off for an ice cream whilst out and about in Los Angeles on Wednesday

フローズンヨーグルト食べてるらしい・・・
ワタシも大好きっ♡

Delicious! The tot looked to be relishing in every scoop of her strawberry ice cream which was layered with a variety of candied sweets from Pinkberry 

指に注目!!!

 Too cute! The four-year-old wore her brown locks in a low ponytail with a centre-parting 

ハンケツ・・・・・
にしても、パンツラインもないんですが・・・・
ローライズ履いてるとか、もしや履いてない?なんて。。(笑)

Tired of walking! David carried Harper on his shoulders on their way back to the car

別の日、、、ママがUP
初ネイル!!!!
スゴイ・・・・・(@_@;)

She's a big girl! Earlier in the day the tot was treated to her first manicure by mother Victoria
 

--------------------------------------

《THE RAKE international edition》

きゃ~~♡
これはMUSTでしょ!!!
 
日本版は帰るけど、これはどこか売ってるんだろか・・・・
 探すぞ!

The picture was taken in 2012 for use by the Canadian army but has only now appeared in public on the cover of The Rake, an international publication for 'affluent, stylish, intelligent' men


The prince wearing the regimental dress of the Toronto Scottish Regiment (Queen Elizabeth The Queen Mother's Own), of which he is Colonel-in-Chief


----------------------------------------

《RSVP でお仕事!!!》


何ヶ月遅れ?かの今更UP
(^^;;

のせいで、もう次の号が出そうです・・・(笑)

それはとにかく、なんと
ライターに挑戦☆

光栄すぎて、
気合入って、
終始ドキドキでしたあ~~
確か、この間TVの取材とか断った覚えが・・・・
余裕なくて、脳ミソに(笑)

やらせて頂き、
新しいご縁や、経験は
とっても楽しく、嬉しかったです。
取材先である
渡辺産業といえば、
旧ネーム "ディセンタージュ" (現:British Made)
時代から
大好きだったショップだし♡
♡がいっぱい重なって お仕事になるなんてねえ、
幸せすぎます。

しかし、結果
未熟だなぁ~~~~
しかありませんでしたが(^_^;) 
 
イギリス好きの方には、
もうご存知かと思いますが、
ワタシは未熟でございますが、

この雑誌は英国好きのバイブルです。
 知らなかった方は、
今後見て下さい(Amazonで売ってます)

思い起こせば、数年前、
たまたま見つけた
”王室御用達テーマの号”出会い、
本に惚れました!と、紹介をお願いし&会ってもらって以来。
ものすごーーーーくお世話になってばかりな上に、 
こんなお話もらえるなんて、予想もしてなかった。

言葉では言い尽くせません。
有難いしかない。

まだこれも売ってますんで、
是非ともCheck☆








-----------------------------------
 
  『25ans オンラインコラム』

ほぼ毎日書いてます(*^_^*)  ♥♥♥  


 http://www.25ans.jp/princess/catherine

お問い合わせ・お仕事の件
こちらから、お願い致します☆ 
↓↓   
 dressagem@icloud.com













0 件のコメント:

コメントを投稿

Thank you for your comments♥